のぼりとは、思わず目がいく最高の宣伝 街中でよく見かけるのぼりはひらひらと揺れて人の目につくようにされています。販促業者には人を集め商品をアピールする道具であり、消費者である私たちには目印や購入意欲をかきたてるものです。

街中はのぼりで溢れている

Posted in:

のぼりって何?

鯉のぼりなら知っているけれどと言う人もいるのではないでしょうか。

のぼりと聞いてすぐに思いつく人は広告関係の仕事をしている人かもしれません。

私たちの生活の中では、気が付いていないだけで街中や近所、通勤途中などにあちこちにのぼりが存在しています。

コンビニの前などに棒に縦長の布で新商品をアピールしている、あれがのぼりなのです。

のぼりと聞いてぴんとこなくても、あれなら知ってるという人も多いでしょう。

飲食店があればのぼりがひらひら、車店があればのぼりがひらひら、服飾店があればセールと書かれたのぼりがひらひら、路面にお店を持たずにビルの2階や3階などにお店を構えている場合でも気が付いてほしいためにわかりやすくのぼりを掲げておいたりするのです。

揺れるものに目が行く習性のある人間にとって画期的な宣伝方法であり、知りやすいアイテムでもあります。

よく行く街を思い出してみてください。

いくつののぼりが見えるでしょうか。

中でものぼり印刷ドットコムのオリジナルのぼりは、世界中でそのお店だけのデザインののぼりですから、立ててあるととても目立ちますよね。

街中でなくても、飲食店に入って席に着くとお勧めメニューのミニのぼりがあったりしませんか。

アピールしたい商品、購入してほしい時期などの販促などで使用されることが多く、私たちの生活できってはきれない存在となっています。

消費者である私たちにとっては、新商品を入ったことを教えてくれて、セールであることを教えてくれて、お店がどこにあるかを教えてくれる道しるべであり商品を購入する際の物欲をかきたてさせる最強の宣伝物なのです。

Comments are closed