のぼりとは、思わず目がいく最高の宣伝 街中でよく見かけるのぼりはひらひらと揺れて人の目につくようにされています。販促業者には人を集め商品をアピールする道具であり、消費者である私たちには目印や購入意欲をかきたてるものです。

のぼり使用法を調べたら

Posted in:

飲食店やファーストフード店などに赤の色を取り入れている理由には興奮と食欲、そしてアクティブにさせようとする色の効果があるのです。

そのため、赤やオレンジ色などを取り入れることでお客が集まりやすくなり、回転率もあがると言われています。

現に赤を基調としたファーストフード店が多いのもその理由なのです。

人間に与える色彩の効果や物の配置によって、大きな収益を得ることが可能となります。

のぼりをどのような配置に設置し、そして、何メートル間隔に置くのが一番いいのかなどのデータが出ていて、それに基づいてのぼりの配置を決めているお店も多いそうです。

のぼりがあまりにもたくさんお店の外にありすぎるとお店の中もごちゃごちゃしたうるさそうな雰囲気を感じます。

しかし、ある一定の間隔で置かれているのぼりを見ると整理整頓されたきちんとしたお店というイメージが湧いてくるのです。

色も同様で、お店のカラーの使うところも多いのですがセールとなるとこぞって赤を使うようです。

飲食店では食欲のなくなる青はできるだけ避けるようにしている夏場にぴったりなメニューのときにところどころに取り入れるだけで、生地全体を青にすることはほとんどないようです。

このようにのぼりの色や配置に少しこだわるだけで、集客を望むことができたりお客の回転率がアップしたり、お店へのイメージを植え付けることができるのです。

Comments are closed