のぼりとは、思わず目がいく最高の宣伝 街中でよく見かけるのぼりはひらひらと揺れて人の目につくようにされています。販促業者には人を集め商品をアピールする道具であり、消費者である私たちには目印や購入意欲をかきたてるものです。

のぼりに適した生地

Posted in:

のぼりのつくる際に最も適している生地は大量生産されることもあり、非常に安値のポンジが主流です。

のぼりで一般的に使用される生地として優れていて、のぼり以外にも垂れ幕やタペストリーなどにも使用されるような軽くて印刷した際に発色のいいところが特徴です。

ポリエステルでつくられているので印刷したときにインクが裏から見えて後ろからも何が書いてあるかわわかります。

次にポンジ生地よりも厚さがあるトロピカルは耐久性があるために屋外のイベントなどで使用されたり、外に長期間置くためののぼりとして重宝されます。

そして、ターポリンはトロピカルよりも丈夫で耐久性が抜群にもかかわらず安値なのが特徴です。

場合によってはメッシュ材や遮光材を取り入れることもできます。

ポリエステルののぼり生地はたくさんありますが、使用されることが多いのはこの3種類です。【参考サイト:のぼり印刷ドットコムhttp://www.noboriprint-u.com/

綿ののぼりでは綿100%の金巾が手ぬぐいと同様の素材なのでとても触り心地がよくて薄い生地です。

金巾よりも生地が厚くて糸が太い天竺はのれんに使われることが多いですが、しっかりとした生地で耐久性が高く国旗などに使用されています。

綾織生地のため厚手で丈夫なカツラギや神社ののぼりとして専用に使われる生地に榊や弊があります。

品質としてとても高級です。

このようにのぼりの生地には様々な種類があり、用途によってつくられて使い分けられます。

Comments are closed