のぼりとは、思わず目がいく最高の宣伝 街中でよく見かけるのぼりはひらひらと揺れて人の目につくようにされています。販促業者には人を集め商品をアピールする道具であり、消費者である私たちには目印や購入意欲をかきたてるものです。

のぼりの歴史と変化

Posted in:

中国から伝わったのぼりは今現在私たちが目にしている形ではなかったそうです。

伝わったとき日本は弥生時代くらいだったと言われています。

神社での儀式に使われることがメインでした。

そして、室町時代からは戦いに使われるようになったのです。

よく時代劇での戦いのシーンで、自分がどの武将の家来であるのかがわかるように、そして何千という同じ仲間を間違って斬ってしまわないように目印がわりとして家紋を入れ、色を入れていました。

戦いがなくなってからは主に販促業者が中心となりのぼりを商品の宣伝として使い始めました。

のぼりの宣伝効果は今でも使用されているほど絶大で、プラスチックの棒に布を取り付け、風でうまく揺れるように倒れないためにポール立てに差し込んでおきます。

最近ではよく見かけるようになった取り付けている棒に布が巻きつかないつくりや雨に強い耐久性のある生地を使用したのぼりなどがありますが、それらはすべて宣伝したいのにうまくのぼりを使うことができないためにのぼりを使用するお店からの意見や苦情などを取り入れて様々な工夫を凝らしてつくりあげられたものなのです。

これからは布なのに3Dになったり、のぼりからクーポン券をもらったりなどのぼりに大きな変化が出てくるのも近いのではないでしょうか。

Comments are closed